事例
プリンタコントローラ開発
説明 プリンタ/プロッタに搭載するコントローラ開発。
主に内容として、言語解析、画像回転、圧縮伸張、色変換、RIP処理ペーパーハンドリング等の開発を行った。
OSのバージョンアップ対応
説明 OSのバージョンアップにともなう、新基準の追加/UIの変更等の対応。
Windowsロゴプログラム(WHQL)、Windowsハードウェア認定プログラム(WHCK)の新基準対応(新プロトコル対応等)、Windowsストアアプリからのアクセス対応(Windows 8)、Systemフォルダの構造変更(Windows Vista対応)等を行った。
Windowsがβ版の時点で開発を行った為、Windows側の問題で動作しないこともあり、Microsoftに問い合わせや仕様変更を要求しつつ作業を進めた。
新プロトコル対応
説明 デバイスドライバインストーラーの新プロトコル対応。
IPv6対応やFile/USB/RAW/LPR/IPP/IPPS/WSDの各プロトコルに対応したインストーラーの開発を行った。
WHQL/WHCK対応およびお客様ご要望のための新プロトコル対応を行った。
MIBを利用したプリンタシミュレータ
説明 MIB(Management Information Base)を、利用したプリンタシミュレータの作成。
プリンタドライバからのTCP/IP経由での情報要求に対して応答し、実体が存在しない状況での試験を可能にした。
工程上、プリンタドライバの開発が先行するため後追いで実機が対応することが多く、ドライバのリリースまでに実機で動作確認ができないという問題があり、MIB仕様書のパラメータを参照してドライバからの情報要求に応答するシミュレータの作成を行った。開発工数を削減するために、言語はWindowsとMacで共用できるJavaを使用した。
医用画像管理・検査業務支援システム
説明 医療用検査業務支援システム(医師が画像を参照したり、レポートを作成したりするシステム)のカスタマイズ。
それに加え、HIS(Hospital Information System)との連携プロセス(検査予約情報、会計情報、患者情報など)の開発も行った。
内視鏡映像処理システムのファームウェア開発・評価
説明 新規製品開発にともなう要素検討。
主に製品仕様を満足可能なBSP(Board Support Package)を選定するため、ハードウェア等の性能、OS・ミドルウェアの調査、ベンダサポートの利便性等の評価を行った。 採用したBSPから新規開発したハードウェアのデバッグ、OS・ミドルウェアのポーティング、必要なドライバの開発等を行った。 (ターゲットOSは主にμITron、ミドルウェアとしてはUSBホストスタックドライバ、イーサネット、ファイルシステム等。) ハードウェア上で動作するアプリケーションを開発するチームに、ハード・ドライバ開発者の観点でのサポートとフォローアップを行った。
Android端末における店舗アプリケーション開発
説明 Androidタブレット端末上で動作する店舗アプリケーションの開発。
アパレル店舗において日々発生する売上、入出荷、棚卸等の取引データをリアルタイムでサーバへ送信するため、店舗販売員が利用するAndroidスマートフォン、Androidタブレット端末上で動作する店舗アプリケーションの開発を行った。
端末内部のデータベース(SQLite)を利用して情報の欠落が発生しないための考慮や、サーバとの連携によりマスターデータ取込により商品等の名称表示、日本国外への展開用にローカライズも行った。
情報系システム開発
説明 店舗参照用画面開発。
店頭で発生した売上、入出荷、棚卸等の取引データを受信し、リアルタイムの在庫情報、各店舗の売上状況を参照する画面開発。
予算と実績を対比し計画達成状況を参照可能とする画面、商品の色やサイズ、品番等複数の属性情報で過去の売上を参照できる画面等、商品の企画や店舗間の配分管理を行った際に利用する情報画面や、CSV形式のファイルでマスタデータを入出力可能な画面等の管理画面の開発を行った。
また、国外への展開を考慮し、参照時における言語の切替や通貨単位の切替に対応した。
ネットワーク接続機器の評価用プログラムの開発
説明 TCP/IPv4、TCP/IPv6、UDP/IPv4、UDP/IPv6を使用する機器の、ネットワーク接続機能を評価するためのプログラム開発。
LinuxやWindows等のさまざまなOSとの通信の評価や外部からの攻撃に対する脆弱性の評価等を行った。
プリンタファームウェア開発
説明 小型複合機に搭載されたSoCを制御し、各種画像処理を行うためのライブラリの開発。
新機能に必要な処理を行うため、SoC内のIPコアやDMACの使用方法を検討し、設計・実装・評価を行った。
車内補充券発行機
説明 列車内での乗車券類の乗り越しおよび乗り継ぎ精算を行う携帯型端末の開発。
精算業務に関わるUI、営業規則に対応した運賃料金計算処理、乗車券類&帳票の印刷制御、データ通信(TCP/IP通信、シリアル通信)、HTMLビューワー、PDFビューワー、SVGビューワー、ICカードビューワー等の開発を行った。
営業規則に対応した運賃料金計算処理を実装した携帯型端末の開発・改修を行ったプロジェクトターゲットはWindows CE 5.0 or Windows CE 6.0全国区を想定した運賃料金計算の実装を行った。
運賃料金計算以外の付随機能については、SVGファイルはWindows CE用ライブラリが無かったため、Windows CE用ライブラリの作成を行った。
TCP/IPにて、座席照会、座席指定等の通常駅窓口で行う業務、プログラムの自動更新を対応した。
券売機口座データ作成システム
説明 自動券売機の発売データを自動作成するシステムの開発。
発売データ作成に関わるUI、営業規則に対応した運賃料金計算処理、発売データ・集計データ管理、Excelによる各種帳票出力等の開発を行った。
券種や区間をEXCEL上で設定し、自動券売機のデータへ自動変換するプロジェクト。 券売機設置箇所から任意の距離に対し、最短経路を自動算出する機能を実装している。
自動券売機の発売データは、膨大かつ手作業で作成しているため、仕様に則していないことも多かったが、それらを精査することで自動作成の仕様をまとめた。
精算機&改札機用の精算判定処理
説明 鉄道事業社向けの自動改札機の入出場判定、および自動精算機の乗り越し/乗り継ぎ精算を行った判定ソフトの開発。
自動改札機、自動精算機用の組込ボード上で動作するアプリケーションの開発を行った。
営業規則に対応した運賃料金計算処理等の開発を行った。上記判定結果については、その正当性を高めるため、他社が作成したアプリケーションとの突合を行った。 1回の判定および突合にかかる時間は、20msec以内とすることが義務付けられている。
突合で不一致となった場合は、改札口が開かなくなる。この判定および突合を、200万回/日程度行っている。
列車運行管理システム
説明 鉄道の運行管理を支援するシステムのアプリケーション開発。
ホストコンピュータやシステムを構成する他装置との指示・情報の授受、ユーザービリティの高いGUIによる操作機能を搭載し、運行管理の支援を行う。
列車制御装置
説明 列車制御装置を構成する伝送経路を制御するアプリケーションの開発。
複数のLANポートを制御し、受信時の先着判断や情報の集約、誤りの検出、訂正、送信先制御等を行う。
列車運行管理システム
説明 保線作業時の線路閉鎖に行うシステムの組込ソフトウェア開発。
複数のCPUボードやLANポート等から、冗長化されたシステムを構築している。
ソフトウェアの主な機能としては、先に述べた冗長化に対する処理。線路閉鎖を行った際の情報の集約・演算処理を行う。
カメラモジュール
説明 Windows PC上で動作するアプリケーションの開発。
I2Cで接続されたカメラモジュールの制御、入力される画像データの処理(二値化・反転・グレースケール・ガンマ補正等)を行った。
Windows CE ポーティング
説明 多機能ハンディ端末向けにWindows CEの移植を行った。
ARM、BootLoader、LCDC、FLASH、FIR、ADC、DAC
スキャンデータの加工、ベクトルデータ化
説明 スキャナーが読み取ったイメージデータの回転・反転・細線化・輪郭追跡・エッジ抽出・ベクトルデータ化等をユーザーの操作により行った。
PC98版アプリのWindows化
説明 PC98上で動作しているアプリのWindows版化。
設計仕様等が一切ない状態から要件定義等を行い、機能仕様書の作成や製作、PC98版と同一機能であることを担保する試験までを行った。
証券基幹システム再構築
説明 既存の基幹システムのCOBOL85資産をProCOBOLへ移行する大規模システム対応。
現状システムの調査分析、設計から受入テストまでを行った。
ソースコード内に存在する不要なロジックやコメントを整理しつつリファクタリングする対応を行った。リファクタリング自体は、外部の大手ベンダによって行われた。
再作成された設計書やリファクタリング後のソースコードは大量にあり、それらが正しい仕様になっているかは、既存機能を理解していないと判断が難しいため、開発保守メンバーの業務知識が活かされた。
レガシーマイグレーションでのシステム移行
説明 メインフレームの基幹システムで使用していたCOBOL資産を、必要最低限の変更でUNIX(HP)へ移行するシステム対応。
現状システムの調査分析、設計から受入テストまでを行った。ツールを用いてCOBOLのソースを機械的にコンバートするという手法で大量の資産を再利用してマイグレーションするというプロジェクトを進めた。
コンバート自体は外部の大手ベンダによって行われた。コンバートされた大量のプログラム群が、既存のメインフレームで稼動するプログラムと同様の機能を有しているか確認する受入テストを行った。
証券会社の合併によるシステム対応
説明 証券会社の合併にともない発生する大量データの移行、および、両社システム間で発生する基幹業務の機能差分を取り込むシステム対応。
現状システムの調査分析、エンドユーザとの調整、設計から受入テストまで行った。
証券システムWeb化対応
説明 証券周辺システムの機能をJavaを使用したWebアプリケーションで新規構築するシステム対応。
要件定義から設計、受入テストまで行った。
証券基幹系システムの保守開発
説明 口座管理、属性情報管理、目論見書管理、徴求書類管理等、顧客に関わる各種情報をリアルタイムに登録更新するオンライン画面の開発。
数百万件に上る大量データを扱うことで処理性能が要求される口座情報の更新に関わる夜間処理の開発。株式、債券、投資信託等の証券残高の管理、顧客残高管理、権利配当の管理に関わるオンライン画面の開発、および、日々のトランザクションによる残高を更新する夜間処理の開発を行った。
また、証券業務の基幹系システムに長年携わることで培った業務知識とノウハウを元にシステムの保守開発はもとより、新システムへのリファクタリングや大規模データの取り込み、切り換えに対応した。
信販系業務システムの保守開発
説明 集金代行業務(コンビニ入金、口座振替の請求・入金。提携先精算)、住宅ローン業務(請求、入金、残高管理、管理債権)、信販残高管理業務等、レスポンスが要求されるオンライン処理や大量のトランザクションデータを処理する夜間処理等の保守開発。
貸金業法・総量規制に関するシステム開発
説明 お客様先に常駐してのシステム保守作業。
外部信用情報機関への情報登録システムのシステム変更を要件定義から設計、テスト、本番確認まで対応した。
住宅ローンシステムの開発
説明 お客様先に常駐してのシステム保守作業。
請求、入金、残高管理、管理債権のシステムのシステム変更を要件定義から設計、テスト、本番確認まで対応した。
信販残高回収システム構築
説明 お客様先に常駐してのシステム保守作業。カード利用やローン利用した顧客からの支払に対して残高管理を行うシステム開発について、小規模から大規模案件まで対応を行った。
エンドユーザとの仕様調整から設計、テスト、システム稼動後の確認、開発期間中の進捗管理までを受け持った。
実績キーワード
advicePRO , AES暗号 , AIX , Android , apache , ARM , ATM , Bluetooth , Boland C++ Builder , Boost , BYOD , C , C++ , Cloud foundry , COBOL85 , CompactFramework , CVS , DB2 , Eclipse , FreeBSD , GCC , gdb , GDC , Google App Engine , Hadoop , HIS , HLL/WB , IPP , IPPS , IPv6 , Java(Struts、Hibernate、Swing) , JCL , JSP , Jubatus , libpcap , Linux , LPR , M2M , MacOS , MicroBlaze , Microsoft Platform Builder , ModelSIM , MSP-EX , NDB , NetBSD , NoSQL , NucleusPLUS , Objective-C , OpenSSL , ORACLE , PaaS , PCLXL , PDF , PHP , PL/SQL , Postscript , PowerPC , PPML , ProCOBOL , RAW , RealView Compilation Tools , Red Hat , RISC CPU , RSA暗号 , Ruby , SaaS , SOA , Solaris , SQL , SQLite , Subversion , SuperH , SVN , Swing , TCP/IPv4 , TCP/IPv6 , Thunderbolt , Timesys , TSO , TSS , UDP/IPv4 , UDP/IPv6 , UNIX , VB.net , VBA , Visual Studio , VMWare , VxWorks , WBS , WHCK , WHQL , Windows , WindowsCE , Wireshark , WSD , wxWidgets , XCODE , XPA270 , XPS , z/OS , μITron , アジャイル型開発 , アセンブラ , グリッド・コンピューティング , ソーシャルクラウド , データマイニング , テストアーキテクチャ , テスト自動化 , フェイルセーフ , ホストコンピュータ , マイグレーション , メインフレーム , モバイルアプリ , ユーザービリティ , 運転整理 , 営業支援(SFA) , 仮想化 , 基幹システム , 基幹業務 , 冗長性設計 , 信用照会端末 (CAT) , 信頼性設計 , 専用統合開発環境 , 組込セキュリティ , 品質マネジメント , 分散ファイルシステム , 来歴管理
Copyright (C) OEC Ltd. All Rights Reserved.